日本最大級『リモートワーカー・テレワーカー』向けのポータルサイト

5G回線で働き方が180°変わる?!

最近、スマートフォンを使っていて、いつイライラしましたか?
なかなかつながらなかったり、通信制限があったり。

そんな不満を解消してくれるのが次世代の5G回線です。
今回はそんな5Gについて、「5G×働き方」という視点で見ていきましょう。

<目次>

<5Gって何?>

簡単に言うと、4G回線の進化系です。

通信が速くなったり、一度にたくさんの機械をつなげることができたり、4G回線の数倍便利になるといわれています。2020年の東京オリンピックまでには5Gが導入されるそうです。

そしてこの5Gのキーワードは「高速・多接続・大容量・低遅延」
この四つのキーワードがどのように働き方に影響するのでしょうか?

<5Gの影響>

5Gの導入によって、私たちの働き方にどう影響するのか?どんな職種が変わっていくのか?無くなる職業は?増える職業は?
そんな疑問にお答えしていきましょう!

ラグがなくなる?!

回線の高速化・低遅延化によって電話などの通信機器のラグが小さくなり、電話で打ち合わせをしやすくなり、指示を出すときにも、オフィスなどに行かなくても電話一本でことが足りるなんてことが増えます。

今までの4Gは1Gbsであるのに対し、5Gは20Gbsであるので約20倍の速度で情報のやり取りをしていることになります。
今の20分の1だなんてもはや感じれないレベルでしょう笑。
ラグが小さくなり、通信速度が上がることでより多くの情報のやり取りができるようになります。

コンサルの仕事も案件数を増やすことができ、利益が大きくなります。コンサルの市場も大きくなるのではないでしょうか?

遠隔操作が可能に?!

高速化・低遅延化によって病院の手術を遠隔操作ですることができたり、工場作業の遠隔操作化もすることができるようになり、自宅などから工場の専門的な機械を操作できるため、わざわざ工場に出勤する必要がなくなりそうですね。

VRの導入

キーワードのすべての実現することでようやくVR(仮想現実)の一般導入ができるようになります。

VRの導入により、VRオフィスなんてものもできるようになると思います。
VR内のオフィスで打ち合わせをして、VR内でプレゼンをする。指示を出すのももちろんVRオフィス内で。

VRだと、現実世界では表現できないことも表現できるので、プレゼンでの伝達率や指示のやりやすさが格段に向上するでしょう。

今まではリモートワークをするとすると、電話だと音だけしか伝えられない、メールなどだと図や文字だけしか伝えられない。
これがVRになると、視覚、聴覚、嗅覚、触覚、もしかしたら味覚までもが一度に伝達できるようになります。

1つしか伝わらなかったものが5つも伝わるようになる。
どちらが良いのかは誰が見てもわかると思います。

そして、VRオフィスなどが使用できるようになると、通勤などに使われていた時間が無くなり、自由な時間が増えることになります。

サラリーマンの平均通勤時間は往復2時間なので、1か月で40時間。1年間で480時間もの時間が増えることになります
空いた時間は睡眠時間に充てるなり、趣味に充てるなり、使い方はいろいろあると思いますが、良いことはあっても悪いことはないでしょう。

睡眠時間、趣味の時間が増えることにより、日々のストレスを解消でき、よりいっそう仕事の効率が上昇するのではないでしょうか?

通勤をしなくてもよくなると、満員電車でのストレス、痴漢、痴漢の冤罪など、たくさんのいらないものがこの世からなくなります。

自動運転の開始

VRなどと同様に、キーワードすべての進歩があって、初めて実現できる技術であり、自動運転の導入によって、配達でのドローン導入が進み、また、タクシー運転などの職業がへってしまうといわれています。

このほかにも、機械の置き換わる仕事がどんどん増えていき、今ある職業のうち、47%もの仕事がAIに置き換わってしまいます

私たちは「人」にしかできない職種へと仕事を変えなくてはならなくなります。
となると、AIにはできない「言葉」を操る仕事であるデザイナーや、コンサル業、ライターなどの職業が増えるのではないでしょうか?

<まとめ>

上にあげた予測通りにはいかないと思いますが、それでも5Gの導入によって働き方が変わるのはゆるぎないと断言できます。
コンサルやライターなどの職種、サラリーマンの在宅勤務の増加によるリモートワーカーが増えていくのは間違いないと思っています。

働き方が大きく変わる時期に就職・転職する方は特に、今のうちから5Gに向けて準備をしていくことが大事でしょう。
最後に、この記事を見た人に少しでも、2020年の5G導入がいい方向に事が転ぶのを心から願っています。