日本最大級『リモートワーカー・テレワーカー』向けのポータルサイト

リモートワーカーに必須のモバイルバッテリーの選び方・おすすめ製品!

近年の端末は予想以上に電池の持ちが良くなっています。普通に使っているだけでは一日に何度も充電する必要はないでしょう。それでも、アプリや性能面でも向上がみられるので、電池もその分減ってしまいます。

そこで、モバイルバッテリーが必要になってきます。特にリモートワーカーはスマホを使うことが非常に多いので、いつでも充電できるモバイルバッテリーはかなり重宝します。最近は容量も大きく、コンパクトなものが増えてきていて、様々な種類があるので、これからのモバイルバッテリーを選ぶ上で、必要な知識や選ぶ時のポイントをご紹介します。

<目次>

容量には注意!?実際に使えるのは7割!

まず、記載されている容量は信じないでください。実際に使えるのは6~7割の容量で、3~4割は熱として失われてしまうので、充電に回すことができないです。10000mAhのものだったら6~7000mAhしか充電できません。そして、何度も使用することで、モバイルバッテリーも劣化してしまい、容量が落ちていってしまうことも抑えてほしいです。

そして、モバイルバッテリー市場は競争が激しく、同程度の容量でも、様々な重量な商品が売られています。

今回は特に、使用者が多い、iPhoneのバッテリー容量を以下にまとめました。

機種 容量[mAh]
iPhone Xs Max 3174
iPhone Xs 2658
iPhone XR 2942
iPhone 8 Plus 2716
iPhone 8 2691
iPhone 7 Plus 1821
iPhone 7 1960
iPhone 6S 1715
iPhone 6S Plus 2915

 

3000mAh前後で充電できるものがほとんどなので、10000mAhの製品ならば2回、5000mAhの製品なら1回充電できる計算です。

出力電流も重要!

また、モバイルバッテリーを選ぶ上で、出力電流も大事なポイントになってきます。出力電流とはモバイルバッテリーから機器に流すことができる電流のことで、この数値が大きいほど充電が速くなります。充電の速さはこの出力電流のよって決まり、単位はA(アンペア)で表されます。最近だと、タブレットの中に2A以上でないと充電できないものもあるので、2Aというのは一つのボーダーラインとして持っておきたいですね。また、アンカーやcgeeroのある商品では端末の種類を識別して、その端末に一番適した充電を行う商品も出てきました。

そして、最後は重量やサイズですね。一般的には150g~300gの製品が多く、私も使っていて不便だなとも思わないので、この範囲は一つの目安にしても大丈夫だと思います。

ということで、以上のことを踏まえておすすめモバイルバッテリーを紹介していきたいと思います。

おすすめモバイルバッテリー5選

Anker PowerCore Fusion 5000

この商品はアマゾンの売れ行き1位ではないんですけど、非常に便利なモバイルバッテリーです。Anker社では、このモバイルバッテリーが社史上最も万能性の高い製品だといわれているほど使いやすいです。

この製品の良いところはコンセント付が付いているところです。他のモバイルバッテリーと違い、モバイルバッテリーを充電するためのコンセントタップケーブルが必要なく、この製品一つで完結している点が素晴らしいです。

また、充電器としても使うことができ、その場合は、端末の充電が優先され、端末の充電が完了したら、モバイルバッテリーの充電に変わるという仕組みです。容量は5000mAhでスマホを1回充電できます。

Anker PowerCore 13000

この製品はコンセント付きではないが、大容量かつコンパクトというモバイルバッテリーとしてのポイントはすべて最高峰で抑えています。また、出力が2つあるのもかなり便利。iPhoneとイヤホン、iPhoneとポケワイみたいに一気に充電できるからすごい便利。ただコンパクトといっても少しかさばるのが残念。

Anker PowerCore 10000

こちらのモデルは、Anker PowerCore 13000よりもコンパクトになっており、かなり持ち運びしやすいです。ただ、コンパクトにした分出力が一口になってしまったのが少し残念。コンパクトさと出力の口の数のどちらをとるのかは個人差が出るので、好みの問題ですね。

Poweradd Pilot X7 20000mAh

この商品は商品名にもある通り、容量が20000mAhもあります。タブレットの充電も考えている人にはかなりおすすめの商品です。プライベートの旅行などでも重宝しそうです。また、リゾートリモートへの移動などにも大変便利です。「少し重くても良い」という人にはいいかもしれません。

Lakko モバイルバッテリー 12000mAh

鏡面仕上げのおしゃれなQI対応モバイルバッテリー。QI対応とは、接続しなくてもそこに置くだけで充電できるものです。そして容量も12000mAhと申し分ないです。ケースしたままでも充電可能で、USBにも対応しているので、タブレットにも対応しているのもいいです。厚さ1.3mm、重量215gとかなりコンパクトで、PSEマークも取得されており安心です。

まとめ

まとめてて思ったのですが、やはりAnker社のモバイルバッテリーは良い製品が多いですね。もちろん他の会社の製品も質は高いのですが、Anker社は群を抜いている気がします。ぜひ皆さんのモバイルバッテリーの購入に役立てたら幸いです。