日本最大級『リモートワーカー・テレワーカー』向けのポータルサイト

徹底比較!リモートワークとオフィス勤務どっちがいいの??

普通に通勤するのとリモートワークで働くのってどっちがいいの?
リモートワークってどこが有利なの?

そういった疑問を持っているあなたのためにオフィス勤務という働き方リモートワークという働き方どちらが有利で不利かを様々な面で実際に比較していきましょう。

目次

ストレス面

圧倒的にリモートワークの勝ちです。オフィス勤務はもちろん通勤があり、その通勤がかなりの悪影響をもたらします。特に満員電車は戦場の兵士以上のストレスを感じるといわれており、普通の電車での通勤でも30分を超えてると減給されるのと同等のストレスを感じるそうです。また、上司からのパワハラを受けにくいのがリモートワークの強みの一つでもあります。特に権力があると思っている人は対面だからこそ威張り散らかしてることが多いのでチャットでのやり取りが基本のリモートワークはそういうことが少ないです。逆に部下側も上司の不当性を訴えやすいのもポイントです。チャットベースなので上司の顔をみることが少なく、直接会った時の気まずさを感じることもありません。

時間面

時間の面もリモートワーカーが勝っています。通勤時間の差がそのまま時間の差になります。。日本の通勤時間の平均は往復2時間ですので一週間で10時間ほどの差が生まれてしまいます。この時間を家族との時間につかってもいいし、自分のスキルアップに使うもよし、趣味に充ててプライベートの充実に使うもよし、睡眠をとって体を休めるもいいですね。とにかく自由の幅が広がります。ただ注意すべき点もあって、リモートワークはみなし労働時間制であることが多いので、自分のミスがそのまま自分の作業量を増やすことにつながるので、そういった面では時間が延びるリスクもあるのが事実です。

楽しさ

これは個人差というか環境差があるのでなんとも言えないのが本音です。怒鳴り散らしている上司がいたり、常にイライラしている上司がいたり、はたまた仲のいい同僚がいたりと本当にその会社によりますね。ただ、リモートワークはそういったものがないので楽しさは自分に依存することが多いです。逆にオフィス勤務の人は良くも悪くも周りに影響されます

寂しさ

これはオフィス勤務の方が有利ではないでしょうか。うざい上司がいようともそれ以外には悪い人はあまりいないでしょうし、話さなくとも同僚がいるというのは「一緒に働く人がいる。一人で働いているんじゃない。」という気持ちになるでしょう。逆にリモートは常に一人なので寂しさを感じることが多いでしょう。ユーチューバーもリモートワークといえるのですがネコを飼う人が増えてきています。これも寂しさ解消のためなのかもしれません。

融通の利きやすさ

これは圧倒的にリモートワークの軍配が上がります。子供の送り向かいや育児や介護などと同時並行もできますし、休憩の時間も自分で決めることができます。お昼ご飯を自分で作れたり、ストレッチもできたり、服や化粧などをする必要がなかったりと、本当に融通は利きます。ただその一方で自分の管理することが増えるので自己マネジメント能力はある程度持っている必要があります。

給料面

これはリモートワークの方が高いことが多いです。今現在、リモートワークを導入している会社は考え方が柔軟(フレキシブル)なところが多く、経営の方針が新しい考えの企業が多いです。優秀な人材を囲うためにリモートワークを導入しているのがほとんどなので、つまり給料も必然的に高くなります。能力が高いのだからそれに見合う報酬を出すのが普通ですよね。リモートワークをしたくてもできない職種(工場など)もあるので一概に言えませんが、、リモートワークの方が高い傾向にあるとだけ抑えてもらえれば十分です。

恋愛面

これもリモートワークが勝ちです。特にこれからは。上記にあるようにリモートワークはストレス面であったり融通が利きやすかったり、給料が高い(高い傾向にある)というメリットを持っており、これがすべてモテる要素となります。ストレスが少ないということは妻(夫)に当たるようなことがなくなり、お互いにやさしく接するようなあたたかい家庭を築くことででしょう。また、自宅で仕事ができるので家事に積極的に参加しやすくなったり、育児などの大変なことも分担することが可能になります。給料も高い傾向にあるので将来的にも安心です。

まとめ

どうでしたか?かなりリモートに肩入れしたみたいな結果になってしまいましたね笑でもそのくらいリモートは魅力あふれる働き方なのです。

「こういった部分も比較してほしい」などのご意見がありましたら以下のコメント欄に書いてくだされば参考にするのでぜひご協力お願いします。