日本最大級『リモートワーカー・テレワーカー』向けのポータルサイト

公務員よりリモートワーカー!リモートワーカーがモテる理由5選

今、モテる男性の職業といえば公務員、医者、サラリーマンなどが挙がりますがこれからはどうでしょうか?

働き方改革やテクノロジーの進歩によって瞬く間に働く環境も変わっていきモテる職業も変わってきます。その中でもリモートワーカーのモテ度が急上昇していくと、断言できます。その理由を一から説明していきましょう。

<目次>

  • なぜモテるようになるのか?
    • 時間
    • 育児参加
    • 家事参加
    • ストレス面・余裕面
    • そもそもの会社風土
  • じゃあどうやってリモートワーカーを目指すか
  • まとめ

なぜモテるようになるのか

なぜ、モテるようになるのか?リモートワーカーの魅力を一つ一つ挙げていき、説明していきます。

時間

今まで常識だった通勤がなくなるので、リモートワーカーはオフィス勤務の従業員より時間が増えます

日本のサラリーマンの平均通勤時間は2時間だといわれていますので、週10時間もの時間が増えることになります。その空いた時間を趣味に使うこともいいし、休息に使うもいいし、はたまた家族との時間に使うなど、空いた時間を自由かつ有効に使えるのがリモートワーカーの強み・メリットの一つでもあります。

育児参加

会社に通わなくて良くなると仕事する場所は自宅・自宅から近いカフェ・サテライトオフィス・コワーキングスペースなどになります。特にお子さんがいる場合は家で仕事ができるというのがリモートワーカーの二つ目の強みです。

夫婦二人で育児することで妻の負担が一気に減ります。当然夫の負担も増えるのですが、家で仕事をすることによって頑張っている姿を見てもらえてお互いのすれ違いの可能性が減り、お互いを想いやるようになります。また、二人で育児をすればより絆や愛が深まることでしょう。

家事参加

妻の「夫の不満に思うところ」というアンケートで堂々の一位を獲得した夫の家事の不参加。この問題を解消できます。

育児参加のところで書きましたが家で仕事をするのが可能になるのがリモートワーカーの強みです。それを活かし、軽い家事でもいいので率先してやれば奥さんの負担や夫に対する不満はぐっと減るはずです。そういった事実が広まっていけば「リモートワーカーの夫は家事もできる」というイメージが広まっていき次第にモテる職業、職種になっていくでしょう。

ストレス面・余裕面

満員電車のストレスは戦場の兵士のストレス以上といわれています。そのストレスを毎日感じているのですから合計するとものすごい量のストレスですよね。それがないので、かなり健康的な精神状態だと思います。それだけで気持ちに余裕ができ、恋愛面にも活きてきます。

デートプランを考える時間も十分に確保することができ、実際のデートでも余裕のある雰囲気でその日を過ごすことができるでしょう。また結婚されている場合にも、パートナーに対しての思いやりが強くなったり、妻・夫に当たることが少なくなり/なくなり、喧嘩やすれ違いの少ない夫婦になることでしょう。

そもそもの会社風土

リモートワークを採用している会社は経営陣が賢く柔軟な考え方にある場合が多いです。そういった会社は積極的に優秀な人材を確保すべくリモートワークを認可している場合が多いので採用してくる人材の質も高いです。

質の高い人材がいれば必然的に成果も大きくなり会社の利益も増え、会社の利益が増えれば従業員の給料も上がります。つまり、リモートワーカーは年収が高い傾向があるのです。

大事なのはただ給料が高いのではなく、それなりに優秀であるという保証が付いているなかで給料が高い傾向にあるということです。もし何らかの事故で会社が潰れてしまっても他の会社でもやっていける可能性が高いということです。そういった男性は女性から見たらかなりの優良物件ですよね。

どうやってリモートワーカーを目指すか。

過去の記事でリモートワークできる職・できない職リモートワークの探し方をまとめているので気になる方は是非そちらご覧ください。

まとめ

リモートワーカーがモテるのは給料が高い傾向にあるという面だけではなく、育児・家事に参加してもらいやすい、気持ちに余裕があるので温厚な夫婦になりやすいといった今までに少ないプラスαの魅力があるためです。今のうちに将来モテるための準備をしてもいいかもしれませんね。