日本最大級『リモートワーカー・テレワーカー』向けのポータルサイト

実は知らない?!コーヒーの効果・作用

あなたが仕事中によく飲む飲み物はなんですか?

お茶、水、紅茶などいろいろありますが、やっぱりコーヒーではないでしょうか?

今回の記事ではそんなコーヒーの効果や特徴を徹底的に説明していきます。コーヒーのいいところから悪いところまで。うまく付き合っていくために必要なことをまとめました。では見ていきましょう。

目次

覚醒作用

言わずと知れた、コーヒーに含まれている代表的な物質であるカフェイン。そのカフェインには覚醒作用があることは有名であると思います。ここではその覚醒作用にはどのようなメリット・デメリットがあるのかをまとめました。

メリット

カフェインはアデノシンという睡眠物質の作用を邪魔することによって眠気を減らしてくます。また、脳の代謝を高めて脳の活動を活性化させます。この二つの働きによって、コーヒーを飲んだ後に、すっきりとしたように感じさせてくれます。

カフェインを摂取した脳は覚醒し、その時、中枢神経は興奮状態になります。その結果ドーパミン等の物質が放出され、記憶力や認知機能が高まり、集中力や作業効率が上がるのです。

デメリット

眠りづらくなることがあります。睡眠物質の作用を邪魔するカフェイン。それが日中時だけだと良いのですが、昼過ぎに摂取したカフェインは夜遅くまで残ってしまいます。それによって入眠を妨げたり深い睡眠をとりづらくなってしまいます。ですので、夕方とかに「疲れたからちょっとコーヒー飲むか」というのは思ったより損が大きいです。

解熱鎮痛作用

コーヒーは発見された遥か昔から胃薬、頭痛薬等に使われてきた時代背景があります。また、風邪薬にはコーヒー等に含まれるカフェインを人工的に作った「無水カフェイン」が含まれています。

コーヒーを飲むことによって、現代の医薬品レベルではないですが、鎮痛効果等の薬の効果や、薬の効果を高める働きが期待できます。手元に薬がない場合やそこまで頭痛がひどくない場合はコーヒーを飲むのが良いかもしれませんね。

強心作用

コーヒーの中に含まれるカフェインには強心作用があり、疲労やストレス等に起因する心臓の働きの乱れを整えて、動機や息切れ等の症状を改善してくれます。

利尿作用

コーヒーに含まれるカフェインの効能には利尿作用もあります。

メリット

利尿作用があることのメリットとして、健康促進が期待できるという点があります。利尿が促進されると身体の中の毒素である老廃物が排出されたり、身体の中の水の循環が多くなるので、むくみの解消や小顔効果に繋がります。高血圧の解消も利尿作用のメリットとしてあげられます。医療の現場において、血圧を下げるために利尿薬を使用するので、効果はかなり期待できます。

デメリット

しかし一方で利尿作用には注意しなければならない点が二つあります。

一つ目は、尿からは老廃物だけではなく、身体に必要な物まで排出される事である。あまりにも利尿作用が利きすぎると、体に十分な栄養がいきわたる前に尿として体の外に出てしまい、栄養をロスしてしまいます。

栄養を取りすぎている場合は良いかもしれませんが、栄養が偏りがちな現代では、もともと摂取量が少ない栄養素を尿として体の外に出しているなんてことになりかねません。

二つ目は排出量が摂取量を上回ることによる脱水症状になることです。栄養素の話よりも分かりやすいですよね笑。普段の生活でも気を付けなければいけませんが、コーヒーを飲んだ日に突然の運動をするなどは本当にやめた方が良いです。冗談抜きに命を落とす可能性があります。

といった風に利尿作用は基本的には健康促進が期待できるが、利尿の促進のしすぎには注意が必要です。余談ですが、酔いの原因であるアセトアルデヒドの排泄も促進されるので、お酒を飲んだ後はコーヒーを飲むのがおススメです笑。

ポリフェノールの効果

コーヒーの苦みや香り、色味の基となっているのがコーヒーに含まれているポリフェノールには抗酸化作用があります。抗酸化作用によって動脈硬化や心筋梗塞、がん、糖尿病などの命に係わる病気を予防してくれます。

また、コーヒーに含まれているポリフェノールの一種のクロロゲン酸は胃の消化を助けてくれます。胃の能力の低下は肥満、肌荒れ、ニキビの原因となるので、コーヒーを飲むことは肥満や肌荒れの対策にも役立つのもいいですね。ポリフェノールは緑茶にも含まれているが、コーヒは緑茶の約2倍の程のポリフェノールが含まれているので、ポリフェノールを効率よく摂取するにはコーヒがおススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は働く人の味方のコーヒーについてまとめてみました。いい面もあるコーヒーですが、飲み過ぎは体によくないで摂取する時間、量を上手に調整してうまく付き合っていきましょう。