日本最大級『リモートワーカー・テレワーカー』向けのポータルサイト

今注目のノマドとは?

リモートワーク、ワ―ケーション、在宅勤務そしてノマド。最近注目され始めた働き方は沢山ありますが、今回はこの「ノマド」に注目していきたいと思います。早速見ていきましょう。

目次

ノマドの定義

ノマドは本来、英語で[nomad]といい、遊牧民という意味で使われていました。そこから、意味が派生して、今では、遊牧民のように、決まった場所を持たず、時間や場所にとらわれない働きかたをすることを指すようになりました。そういった働き方:ノマドをする人達をノマドワーカーと呼びます。

ノマドワーカーはフリーランスの方が多く、ライターやエンジニア、デザイナーの方が特に多いです。後に説明するノマドカフェに行くと大体この人達がいます。

なぜ、このノマドが近年広まっていったのでしょうか?

これはインターネットの発展が大きく関わっています

インターネットの普及・発展に伴って働きかたも大きく変わっていきました。資料の検索が「図書館で探す」ことから「インターネットでいつでもどこでも探せる」ようになったり、情報の共有がすぐにできるようになったりしました。特に場所を選ばなくてよくなったりしたことがノマド普及に関しては大きい要因です。

昔はノートパソコンの処理速度が遅く、会社などにあるデスクトップのパソコンでしかできなかった作業が今では、ノートパソコンの処理速度・スペックが上がり、ノートパソコンでも十分な作業ができるようになりました。

また、通信設備が整えられたのも大きいです。3Gから4Gに進化したことでやり取りできるデータ量が大きくなり、同時に通信速度も速くなったため、遠隔でのやり取りがしやすくなり、オフィスにとどまる必要がなくなりました。そして2020年には5Gの導入もされ始まるので、今以上に通信設備が良くなり、遠隔でできることが増えることでしょう。

オフィスで作業しなくなったなら、どこで作業するようになるのでしょうか。自宅も一つの案だと思います。ですが、自宅で仕事をするとプライベートと仕事のメリハリ/スイッチのオンオフが付かなくなるという声も少なくなく、意外に好まない人が多く存在します。そういった人たちが自宅以外で様々な場所で作業する。これこそがノマド/ノマドワーカーなのです。

こんなノマドですが、実際にノマドにはどんな魅力があるのでしょうか?一つ一つ見ていきましょう。

ノマドの魅力

通勤がない

まず、ノマドは通勤がないです。
決まったオフィスに決まった時間までに着くということがなくなるので、満員電車に長い時間揺られながら、体力を削り取られてから作業をするということは一切ないです。満員電車が与えるストレスは思っている以上に甚大ですので、これがなくなるということだけでも非常に魅力的です。

通勤時間が無くなるということは、通勤している人に比べ、その分だけ時間が空くということです。その空き時間を有効に使えるのもノマドワーカーの魅力ですね。

日本のサラリーマンの平均通勤時間は往復2時間といいますから、一週間で10時間以上の差ができることになります。この時間を家族と過ごすのもいいし、本などを読んで、自分のスキルアップ・自分磨きをしてもよし、睡眠やストレッチなどをして休息をとってもよし、ジョギングや筋トレなどをして運動するのもよし。この浮いた時間をどう過ごすかなんて無限の選択肢があるのでわくわくしてきませんか?

新たな出会いがある

二つ目は出会いがあることです。

オフィスでいつもと同じように作業するだけでは会えない人、自宅で一人作業していては知らなかった人。そんな人に出会える可能性があるのがノマドです。上でも、説明しましたが、ノマドする人が集まるノマドカフェには様々な人が集まります。

自分とは違った方向の仕事をしている人。そんな人と知り合って、一緒にプロジェクトを進めるなんてことも実際にあります。ノマドする人は何かに一芸秀でていることがほとんどなので、自分に「こんなことがしたい!けど、スキルが足りない」なんていう思いがあるのなら、ノマドをお勧めします

足りない部分の知識・スキルを持っている人がノマドカフェにいるかもしれませんし、その人が協力してくれるかもしれません。外部スタッフとして、自分たちのプロジェクトに参加してくれることもあると思います。逆に、自分が相手のプロジェクトに参加するなんてこともあり得ます。

また、作業場に同じような人がいるということで無意識に頑張ろうというスイッチが入るのも事実です。そういった無意識下の面でもメリットはあります。

固定費の削減

三つ目は固定費が削減できることです。
これは、リモートワーク全般に言えることなのですが、ノマドをすることによってオフィスに行く必要がなくなります。オフィスで使っていた電気や、机や椅子などの物品・機器、紙や朱肉などの消耗文房具…といったように、オフィスではさまざまな固定費用にあふれています。これがごっそりなくなるのですから、会社的にはかなりのコストカットになります。

完全にオフィスを無くすのではなくても、週1とかに減らすだけで大幅に運営コストは削減できます。

そんないいところもあるノマドですが、いいところばかりなわけがないですよね。ということで、ノマドをする上で注意しなければいけないことをご紹介します。

ノマドの注意すべきポイント

コスト面

上記と真逆のことになってしまいますが、一つ目はコストがかかることです。もっと詳しく言うと、従業員の方のコストがかかってしまうことです。

ノマドにはカフェを利用したり、コワーキングスペースを利用したりするのですが、カフェの場合は飲み物代などがかかってしまいます。コワーキングスペースを利用した時にも利用代がかかってしまいます。

会社側は大きくコストを削減できますが、従業員の方に負担がかかってしまいます。一杯500円程度の出費でもそれが積み重ねたらそれなりの金額の出費になります。ですので、会社側も従業員側もノマドのコストと効率・会社側の運営費などを天秤にかけて、どちらがいいのかを見極める必要があります

セキュリティ面

二つ目はセキュリティ面です。
ノマドカフェのwifiを使うにしろ、使わないにしろ、有線ではなく無線LANでの通信のやり取りが基本となってきます。そうなった場合に、重要な情報を取り扱いづらくなる点があります。有線で身内だけでの共有する場合と無線LANでやり取りする場合では危険性が大きく変わってきます。

もし、お客さんの顧客情報を取り扱っていて漏洩でもしたら自分の首が一つ飛んでも足りないくらいの問題になります。ですので、取り扱う情報を制限するなどの対策が必要になり、行える作業が制限されてしまうことが二つ目の注意しなければならない点です。

そんないいところもわるいところもあるノマドですが、ノマドをするときにチェックしとくといいポイントをご紹介します。この記事を参考にして、是非、自分にあったノマドを探してみてください。いつもと違うカフェに行き、新しいノマドカフェを開拓するのも楽しいものです。では行きましょう。

ノマドを選ぶ時のポイント

コンセント・wifiの有無

コンセント・wifiは特に大事ですね。コンセント・wifiがお店にあるだけで、充電・通信量を、気にせず作業ができます。また、wifiがあることによってできる作業を制限することなくいつも通りのことができるので非常にストレスなく作業を進めることが出来ます。

ノマドカフェと呼ばれるところには大体完備してあるのですが、一般的なカフェだとどちらかがない(特にコンセント)場合が、多いです。電気周りはノマドワーカーにとってとても重要なのであらかじめ知っておきたいところですね。

インターネットでノマドカフェを調べる際もコンセント・wifiが、あるかどうかに注目してみるといいでしょう。意外にその情報が載ってない記事・ページも結構あるので、お店の雰囲気だけで決めずにコンセント・wifi情報もあるページを見て決めるのがおすすめです。コンセント・電源情報も記載しているページはしっかりと調べてから記事にしている場合が多いので本当におススメです。

お店の雰囲気

店内の雰囲気も大事な要素の一つです。
これも大事です。例えばwifiが完備されていて、コンセントが使える席に座れたとしても周りが騒がしかったらなかなか作業に集中できませんよね?周りがカップルだらけでも集中できそうにないですよね?笑ですのでお店の雰囲気はとても大事です。

落ち着いていてかつ少しの会話が目立たないくらいのbgmが流れているお店が個人的におススメです。一人で作業することももちろんあるのですが、仲間とミーティングをすることもあるので、そのときに静か過ぎて思うように話せなかったら嫌ですもんね。少し音楽が流れているくらいがちょうどいいです。

混み具合

混み具合も注目すべきポイントです。ふと空き時間ができて、ノマドカフェに立ち寄ったが、混んでいてお店に入れなかった。そんなことがあったら残念ですよね。そういったことを起こさないために混み具合もチェックしておくと良いでしょう。

普段からどのくらい並んでいるのか?
自分がよくいく時間は混んでいるのか?
など前もって調べておくとストレスなく利用できるでしょう。

お店の混み具合は雰囲気にも影響してきます。混んでいたら多少なりとも騒がしくなるものです。すんなり入れる混み具合でも店内にどのくらいのお客さんが入っていることが多いのか?まで抜け目なく調べておくと、最高の作業ができることでしょう。

立地・位置

最後に注目すべきポイントは立地・位置です。これもまた大事ですね。駅からどのくらい歩くのか?どの駅が一番近いのか?それだけで自分が行けるかどうかが決まってしまうといっても過言ではありません。利用しやすい場所を選ぶのももちろん良いのですが、その分他のお客さんも利用しやすいということなので、アクセスが少し良くないところでノマドカフェを探してみると自分だけの隠れたノマドカフェがあるかもしれません。

いかがだったでしょうか?ぜひ自分に合ったノマド場所を、自分だけのノマド場所を探してみてください。参考程度に以下に、渋谷のおすすめノマド記事を張っておくのでよかったら見てみてください。