日本最大級『リモートワーカー・テレワーカー』向けのポータルサイト

紅茶がもたらす効能とは?

コーヒーと並び、世界中で最も親しまれている嗜好品の一つである紅茶。ここでは、その紅茶にどのような効能があるかを述べていきます。

目次

脂肪分解効果

カフェインの効能の一つには脂肪分解の促進効果が挙げられます。これはラットを使った実験で効果が証明されています。紅茶を与え続けたラットと水を与え続けたラットでは、前者の方が体重の増え方が二割も少なかったそうです。このように紅茶は脂肪燃焼を助けてくれるので、運動の前やに摂取すれば今までよりも、ダイエットの効率が上がります。

覚醒効果

二つ目は覚醒効果が挙げられます。カフェインは交感神経を刺激することにより脳を活発な状態にしてくれて、眠気覚ましから集中力や思考力、認知力、さらには運動機能も向上させてくれます。このようにカフェインを摂取することによって、勉強や仕事の効率を上げることが可能だと思います。また、カフェインとは関係ありませんが、紅茶にはテアニンという物質が含まれていて、これは脳をリラックスさせるα波の発生を助けてくれます。これにより、リラックスした状態で集中できるため、より効率が良くなるのではないでしょうか。

健康効果

次に、紅茶に含まれる成分による健康効果についてです。紅茶はさまざまの健康効果をもたらしてくれます。代表的なものはインフルエンザやノロウイルスの予防です。紅茶の中に含まれるテアフラビン類という物質にはA型B型のどちらのウイルスの活動・増殖を抑える働きやノロウイルスを消毒する働きがあることが確認されています。次に、心臓病やがん、糖尿病のような重大疾患の抑制が挙げられます。これは紅茶の中に含まれる植物性ポリフェノールなどの効果によるものです。適度に紅茶を飲むことで重大な疾患の予防にもつながるのです。その他にも紅茶には虫歯予防や血圧、血糖値を下げる効果など様々な健康効能が期待できます。健康食品を無理して食べるよりも紅茶を毎日、適度に飲んだ方がよっぽど効率よく、効率的かもしれませんね。

コーヒーと紅茶の違い

最後に、コーヒーと紅茶の違いについて述べていきます。1つにはカフェインの含有量の違いが挙げられます。コーヒー一杯に含まれるカフェインの量は約80~110mgで、紅茶一杯には約40mgだそうです。コーヒーの方が倍近く含んでいます。しかし、集中力持続のような覚醒作用を目的に飲む場合はどちらでも十分に効果は得られます。では、その含有量の差はどこに出るのでしょうか。それは睡眠の質です。「昼寝の前にコーヒーを飲むと30分後に気持ちよく目覚められる」のような話聞いた事ありませんか?このようにコーヒーのカフェインは強すぎるので、すぐに目覚めることを前提とした昼寝には有用ではありますが、就寝前に飲むと眠りを妨げてしまうのです。日中に覚醒効果を期待するときはコーヒーも紅茶も有用ですが、夜に勉強や作業に集中したいときはコーヒーよりも紅茶の方がおススメです。また、コーヒーは口臭を引き起こしやすいのに対し、紅茶は口臭対策に役立つそうです。デートの前などはコーヒーではなく紅茶の方がよさそうです。

まとめ

紅茶の効能について述べてきましたがどうでしたでしょうか。以上のように紅茶を飲むことにはとても多くのメリットがあります。ぜひ、日常生活の一部に紅茶を取り入れてみてはどうでしょうか。